料亭の求人

料亭の求人 他の飲食店との違いは?

飲食店による求人は数多くありますが、料亭で働くというのはハードルが高く感じられますよね。料亭なんて入ったこともないという人も多いでしょう。しかしその分働くことができれば、一流の料理、普段接することのないお客様やお店のスタッフの中で貴重な経験ができること間違いなしです。ここでは料理をお客様に運ぶ接客スタッフの求人について紹介します。

料亭での求人に応募するにあたって求められるのはまず「きちんとしていること」です。飲食店で働くにあたって、身だしなみを整えることは当然ですが、髪色やメイクなどにおいて特に清潔感があり、お店の雰囲気を損ねないことが求められます。他の飲食店では認められる程度の茶髪やメイク、ネイルもふさわしくないことがあるので気をつけましょう。そして敬語をはじめとした正しい日本語を使えることが必須です。「うちの娘です、言うても恥ずかしくない恰好で働いてもらわんと」これは京都の有名な料亭の女将が仲居のアルバイトを募集した時の言葉です。他の飲食店とは違い、料理を出す人の印象でその日の食事全体、お店そのものの評価が左右されてしまうことがあるからです。

職場によっては着物を着てのお仕事もあります。着付けができることが採用の条件となる場合もありますが、採用後に研修で教えてもらえることもあります。着付けというと難しく思われがちですが、すでに結んである帯を使えばさほど難しいものではありません。着物や帯は貸与となることが多いですが、足袋や肌着は自分で用意する必要がある場合もあります。事前によく確認しましょう。着物を着てのお仕事は、着物にふさわしい歩き方や立ち居振る舞いを身につけるいい機会です。また、ふすまの開け方や料理の出し方など、和室や和食ならではの作法もあるので、マナー本などでひと通り確認しておくといいですね。

料亭での主役はもちろん料理です。料理には作った人の魂が込められています。この料理をもっともおいしくお客様に食べていただくことが接客スタッフ(仲居、お運びともいいます)の役目です。温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままで食べていただけるように料理を運ぶタイミングを見計らい、お客様の会話のじゃまをしないように料理の説明をします。お客様から料理や材料に関する質問をされることもあるので、その日の仕事を始める前にあらかじめ料理について説明を受け、頭に入れておく必要があります。見たこともない料理や材料もあるかもしれませんが、働く人にとっては毎日の仕事であっても、お客様にとっては一生に一度の大切な記念日の食事かもしれません。覚えられなければメモを取るくらいの責任感が必要です。

他の飲食店とは違い、何かと気を遣うことも多いお仕事ですが、その分身に着いたことはそのままあなたの財産となり、魅力となります。普段接することのできない「和」の世界で働いてみませんか。

最新投稿

  • 採用したい人とは

    飲食業界の求人でぜひ採用したい人とは? 飲食業界の場合は求人を出す回数も多いため、一見すると非常に採用されやす …